生きたまま腸まで届くラクリス菌

MENU

生きたまま腸に届き働くラクリス菌

ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取する人も多いですが、一般的なヨーグルトに含まれる乳酸菌は熱や酸に弱い乳酸菌も多く、体内に入ると胃酸などで分解されてしまい、生きた状態では腸に届かず途中で死んでしまいます。

 

そのため、腸内の善玉菌を優勢にしようとして乳製品を摂取しても、簡単には腸内環境を改善できないのですね。

 

ですが近年の研究で、乳酸菌の中には殻のようなもので覆われている有胞子性乳酸菌というものが存在していることが発見されました。

 

ラクリス菌は、その有胞子性乳酸菌の種類の一つで、胞子によって全体を覆われているという特徴を持っています。

 

胞子で覆われることによって、一般の乳酸菌のように熱や胃酸で死滅してしまうことがないので、生きたまま腸までしっかりと届き働きてくれます。

 

ラクリス菌の働き
生きたまま腸まで届く乳酸菌は他にもありますが、ラクリス菌というのは腸内で発芽するという特徴もあります。

 

生きて届く乳酸菌でも種類によっては、単に届くだけで積極的に善玉菌を増殖させたり増えたりしないものもあるのですが、ラクリス菌は自分で発芽して増殖していきます。

 

つまり善玉菌の有無に関わらず、ラクリス菌自体がどんどん増えていくので、腸内は善玉菌が優勢になって環境がきちんと整えられるのですね。

 

そんなラクリス菌の働きは、腸内環境を正常化して便秘や下痢など排泄トラブルを改善するのはもちろん、アレルギー症状を緩和してくれます。

 

腸内で悪玉菌が優勢になると、免疫細胞の働きが低下してしまうため、アレルゲンが侵入してきてもそれを排除したり攻撃する力が弱まってしまいます。

 

そのため、アレルギーを持っていない人でも、腸内の環境の悪化によってアレルギー症状が出てしまうことがあります。

 

ラクリス菌は腸内に長く留まるという性質があるので、定期的に摂取すれば腸内を良好な状態に保ったり、善玉菌を優勢にして免疫機能をしっかりと回復してくれます。

 

普通の乳酸菌は数日で排出されてしまいますが、ラクリス菌は1週間ぐらいは腸にとどまるので、腸内環境の改善だけではなく免疫機能を活性化するという優れた健康効果をもたらしてくれるのです。

関連ページ

ビフィズス菌の性質や働きについて
ビフィズス菌は善玉菌の代表です。同じ善玉菌の乳酸菌との違いや、ビフィズス菌の働きについて分かりやすくお伝えしてます。
フェカリス菌は死滅した状態で摂取しても効果がある
フェカリス菌は乳酸菌の一種ですが、加熱殺菌して死滅した状態で摂取しても効果が得られるほかの乳酸菌と違う特徴をもっています。
アレルギー症状緩和に注目のL-92乳酸菌の効果
アレルギー症状緩和に注目のカルピス社が発見したL-92乳酸菌の効果をまとています。
カスピ海ヨーグルトを作り出すクレモリス菌FC株の効果
カスピ海ヨーグルトを作り出しているクレモリス菌FC株はカラダにどんな効果があるのでしょうか?
生存率が高いラブレ菌の効果
京都の漬物から発見されたラブレ菌はガンやウィルスから身体を守るとっても強い乳酸菌です。