L-92乳酸菌の効果

MENU

カルピス社が発見したL-92乳酸菌の特徴と効果

L-92乳酸菌は、カルピス社が独自に発見した乳酸菌で、正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」と言います。

 

「人には人の乳酸菌」ってどこかのCMで聞いたことがありますが、L-92乳酸菌はヒト由来の乳酸菌なので牛乳やヨーグルトなどの一般的な乳製品からは摂取することはできません。

 

なぜ、カルピス社がL-92乳酸菌を見つけたのかというと、胃酸で死滅しない乳酸菌の発見に取り組んでいたからなんだそうです。乳酸菌の種類は何億とも言われており、それぞれの特徴や働きが違います。多くの乳酸菌は胃酸や胆汁などによってほとんどが死滅してしまうため、腸に届くころには死菌になってしまいます。

 

ですが、死菌になっても腸内の善玉菌の餌となるのでムダになることはないのですが、善玉菌を積極的に増やすためには、やっぱり生きたまま腸まで届く菌を摂取するのが理想です。

 

そこで、数多くの乳酸菌を保有しているカルピス社では2000年頃から胃酸に強い乳酸菌の研究がはじまりL-92乳酸菌を発見することができたのですね。つまりL-92乳酸菌は、通常の乳酸菌と違ってほとんど死滅することなく腸まで届くというのが最大の特徴になります。

 

アレルギーで悩んでいる人の新たな対策として注目のL-92乳酸菌

L-92乳酸菌の効果は、もちろん腸内の善玉菌の増殖をサポートして腸内環境を整える働きを持っています。腸内環境が正常化されることによって、便秘を予防したり、便秘や下痢など排泄トラブルを解消したりできますし、この効果で肌トラブルの改善効果も期待できます。

 

そして、L-92乳酸菌にはもう一つ最大の働きがあります。近年は花粉やハウスダスト、また添加物の多い食生活など、環境の変化によってアレルギー体質の人が急増しています。クリームやローションなど様々なケアを行っても中々改善されないと悩んでいる人も多いです。

 

このL-92乳酸菌は、他の乳酸菌と比べ免疫力を強化し、アトピーや花粉症などさまざまなアレルギーの症状を緩和すると言われており、その有効性も実証されています。現在、アレルギー症状への新しい対策方法として注目されています。

 

L-92乳酸菌は生きて腸まで届くので、定期的に摂取することで、腸内の善玉菌の割合を優勢にしていきます。特に、腸には体の中でももっとも多く免疫細胞が存在していますから、腸内環境を整えることによって、免疫細胞の働きも活性化されて機能が正常に働くようになります。

 

免疫機能がしっかり働くことで、アレルゲンを適切に排除出来るので、アトピーや花粉症などのアレルギー症状を改善する働きをしてくれるのです。この働きはあらゆる研究で確認されていて、L-92乳酸菌にはアレルギー症状緩和の有効性があるということも証明されています。

 

ですので、腸内環境を整えたいという方はもちろんですが、アレルギーに長年悩まされている方も、L-92乳酸菌をたくさん摂るようにすると症状の改善や緩和が期待できます。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

関連ページ

ビフィズス菌の性質や働きについて
ビフィズス菌は善玉菌の代表です。同じ善玉菌の乳酸菌との違いや、ビフィズス菌の働きについて分かりやすくお伝えしてます。
フェカリス菌は死滅した状態で摂取しても効果がある
フェカリス菌は乳酸菌の一種ですが、加熱殺菌して死滅した状態で摂取しても効果が得られるほかの乳酸菌と違う特徴をもっています。
カスピ海ヨーグルトを作り出すクレモリス菌FC株の効果
カスピ海ヨーグルトを作り出しているクレモリス菌FC株はカラダにどんな効果があるのでしょうか?
生存率が高いラブレ菌の効果
京都の漬物から発見されたラブレ菌はガンやウィルスから身体を守るとっても強い乳酸菌です。
生きたまま腸まで届くラクリス菌