ビフィズス菌

MENU

ビフィズス菌の特徴と弱点

 

「ビフィズス菌」よく耳にしますよね。人間の腸内にもっとも多く存在している善玉菌がビフィズス菌です。その数は1兆個から10兆個とも言われているんですよ。

 

同じ善玉菌の代表といえば乳酸菌も有名ですが、この乳酸菌よりもかなりの割合で存在しています。数で見ると、ビフィズス菌の10000分から100分の1にしか過ぎないと言われているのでビフィズス菌が、私たちの腸でいかにたくさんの割合を占めているかが分かりますね。

 

ただし、種類は乳酸菌よりも少なくて、人間から検出されるビフィズス菌はたったの約10種類ほどしか存在しないそうです。しかし、それだけ少ない種類のものが何兆個も存在しているのですから、それだけビフィズス菌は人間の腸に適しているという性質であり、効率よく働いてくれる優秀だということがわかります。

 

ですが、欠点もあります。最大のマイナスの欠点が、腸内細菌のビフィズス菌の数は、出生時には99%と一番多いのですが、その後は加齢とともにどんどん減少してしまいます。

 

中高年を過ぎると、普通の状態ではビフィズス菌の数は出生時の約10%程度しか存在しなくなり、代わりに悪玉菌が優勢になってしまうので、毎日の生活の中で常に増やしていかなくてはならないのです!

 

ビフィズス菌の働きと乳酸菌の違い

ビフィズス菌を乳酸菌の一種だと思われている方もいるかと思いますが、実は、分類学的には、乳酸菌とビフィズス菌は違う働きをする別の種類の菌になります。

 

乳酸菌は乳酸を作る出す働きをする細菌ですが ビフィズス菌の働きは、乳酸菌と同様に乳酸を作る働きと、さらに酢酸も作ります。

 

酢酸というのは強力な殺菌作用を持っているので、ビフィズス菌が糖分を分解して酢酸を作り出すことで悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境の悪化を防ぐことができます。

 

また、これも乳酸菌と同じ働きなのですが、腸内を酸性にするという働きも持っていますし、腸の蠕動運動を活性化して排便を促進します。

 

さらにビフィズス菌の働きで注目したいのは、ビタミンB群の中でももっとも重要な働きを持っている葉酸を合成するという働きです。人間は新しい細胞を作り出すことで健康な体を保つことができますが、葉酸というのはそのために必要な細胞分裂を促進する働きを持っています。

 

その他にも、粘膜の健康状態を保ったり、血中のホモシステインというアミノ酸の一種の濃度を抑えて、動脈硬化を予防する効果が期待出来るので、ガンなど生活習慣病のリスクも軽減してくれます。

 

葉酸は食材から摂取できる量が僅かなので、これを合成するビフィズス菌は健康促進や維持に大きく働いてくれる善玉菌と言えるのですね。

 

関連ページ

熱に強いフェカリス菌の性質や働きについて
フェカリス菌は乳酸菌の一種ですが、熱に強いなどほかの乳酸菌と違う特徴や働きについて分かりやすくお伝えしてます。
アレルギー症状緩和に注目のL-92乳酸菌の効果
アレルギー症状緩和に注目のカルピス社が発見したL-92乳酸菌の効果をまとています。
カスピ海ヨーグルトを作り出すクレモリス菌FC株の効果
カスピ海ヨーグルトを作り出しているクレモリス菌FC株はカラダにどんな効果があるのでしょうか?
生存率が高いラブレ菌の効果
京都の漬物から発見されたラブレ菌はガンやウィルスから身体を守るとっても強い乳酸菌です。