ビフィズス菌

MENU

ビフィズス菌の特徴と弱点

 

最近の様々な研究で免疫機能と腸内環境は直結していることが分かってきており、悪玉菌よりも善玉菌の方が多く腸に存在している事が健康であるためには大切だと言う事は皆さんもよくご存知のとおりです。

 

善玉菌と言えばビフィズス菌や乳酸菌ですが、大腸の中にいる善玉菌のビフィズス菌と乳酸菌の割合をご存知ですか?

 

実は、乳酸菌よりもかなりの割合でビフィズス菌が存在しています。

  • ビフィズス菌が99,9%
  • 乳酸菌が0,1%

人間の腸内の善玉菌のほとんどがビフィズス菌です。その数は1兆個から10兆個とも言われています。

 

ただし、種類は乳酸菌よりも少なくて、人間から検出されるビフィズス菌はたったの約10種類ほどしか存在しないそうです。ですが、それだけ少ない種類のものが何兆個も存在しているのですから、それだけビフィズス菌は人間の腸に適しているという性質であり、効率よく働いてくれる優秀な菌だということがわかります。

 

ですが、欠点もあります。最大のマイナスの欠点が、腸内細菌のビフィズス菌の数は、出生時には99%と一番多いのですが、その後は加齢とともにどんどん減少してしまいます。

 

中高年を過ぎると、普通の状態ではビフィズス菌の数は出生時の約10%程度しか存在しなくなり、代わりに悪玉菌が優勢になってしまうので、毎日の生活の中で常に増やしていかなくてはならないのです!

 

ビフィズス菌の働きと乳酸菌の違い

ビフィズス菌も乳酸菌も同じ善玉菌で同じ働きをしてくれると思われがちですが、実は、分類学的には、乳酸菌とビフィズス菌は違う働きをする別の種類の菌になります。

 

乳酸菌は乳酸を作る出す働きをする細菌ですが ビフィズス菌の働きは、乳酸菌と同様に乳酸を作る働きや腸内を酸性にするという働きも持っていいて、腸の蠕動運動を活性化して排便を促進します。

 

ビフィズス菌ならではの働きは酢酸を作ります。酢酸というのは強力な殺菌作用を持っているので、ビフィズス菌が糖分を分解して酢酸を作り出すことで悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境の悪化を防ぐことができるのです。

 

さらに、ビタミンB群の中でも最も重要な働きを持っている葉酸を合成するという働きをします。人間は新しい細胞を作り出すことで健康な体を保つことができますが、葉酸はそのために必要な細胞分裂を促進する働きを持っています。

 

その他にも、粘膜の健康状態を保ったり、血中のホモシステインというアミノ酸の一種の濃度を抑えて、動脈硬化を予防する効果が期待出来るので生活習慣病のリスクも軽減してくれます。葉酸は食材から摂取できる量が僅かなので、これを合成するビフィズス菌は健康促進や維持に大きく働いてくれる善玉菌と言えるのですね。

 

また、、ビフィズス菌の働きで近年注目されているのが、ガンの抑制効果です。シカゴ大学が行った研究でビフィズス菌がガン細胞を抑制する効果が期待できる事を発表しました。

 

私たちのカラダではガンにならないように戦っている細胞があり、それがナチュラルキラー細胞です。このナチュラルキラー細胞を活性化しているのがビフィズス菌の働きなんです。

 

つまり、ビフィズス菌が少なくなり悪玉菌が多くなると、ガンを予防するパワーが低下してしまう事が考えらえれるのですが、実は私たち人間は加齢と共にビフィズス菌(善玉菌)は減少してしまいます。その量は、幼少期と比べて40代・50代になると100分の1以下まで減少してしまうと言われています。

 

ヨーグルトを食べて効果的にビフィズス菌を増やす方法

食べ合わせの専門家である白澤抗加齢医学研究所 所長 医学博士 白澤卓二先生が、TV番組の『林修の今でしょう講座』に出演した際に、ヨーグルトを食べて効果的にビフィズス菌を増やす方法を伝授していましたので紹介します。

 

ヨーグルを食べるタイミング

ビフィズス菌は胃酸に弱い性質なので、空腹時に食べると胃酸が多いので菌が死にやすいので、食後にヨーグルトを食べるのがおすすめです。

 

食後は、食べ物が胃に入って中和されているのでビフィズス菌が死なないで腸に届く可能性が高くなります。また、死んだ菌は善玉菌のエサになるので無駄にはなりません。

 

ヨーグルトは温めて食べる

40℃位に温めて食べると一番活性化して増えます。電子レンジで500Wで40秒位あたためると丁度40℃位になります。※温めすぎて60℃になると菌が死んでしまうので注意しましょう!

 

フルーツと一緒に食べる

善玉菌のエサになる食物繊維が豊富に含まれているフルーツを一緒に食べるとより活発になるのでおすすめです。

 

最後に、白澤先生がおススメのヨーグルトの食べ合わせを紹介します。食物繊維とオリゴ糖が豊富なバナナ+大豆で出来たきな粉+ハチミツを入れたヨーグルトです。皆さんも食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

関連ページ

フェカリス菌は死滅した状態で摂取しても効果がある
フェカリス菌は乳酸菌の一種ですが、加熱殺菌して死滅した状態で摂取しても効果が得られるほかの乳酸菌と違う特徴をもっています。
アレルギー症状緩和に注目のL-92乳酸菌の効果
アレルギー症状緩和に注目のカルピス社が発見したL-92乳酸菌の効果をまとています。
カスピ海ヨーグルトを作り出すクレモリス菌FC株の効果
カスピ海ヨーグルトを作り出しているクレモリス菌FC株はカラダにどんな効果があるのでしょうか?
生存率が高いラブレ菌の効果
京都の漬物から発見されたラブレ菌はガンやウィルスから身体を守るとっても強い乳酸菌です。
生きたまま腸まで届くラクリス菌