ラブレ菌の効果

MENU

厳しい環境でも生き抜く力が強いラブレ菌の効果

 

ラブレ菌は日本の京都から発見された乳酸菌です。

 

京都と言えばお漬物が有名ですよね。京都三大漬物というのがあるんですが、「千枚漬」「しば漬」と並び知られているのが「すぐき漬け」という漬物。江戸時代から食べられているお漬物でそこから発見された植物性乳酸菌の一種になります。

 

すぐき漬けから何故発見されたのかと言うと、当時の新聞で京都の男性が全国2位の長寿という記事を見て、京都の男性の長寿の秘訣を発見しようと、京都パストゥール研究所の岸田網太郎博士が漬物に着目したことが発端なんだそうです。

 

この研究者によって、京都独自のお漬物に含まれる成分が一つ一つ研究され、ラブレ菌という乳酸菌が発見されたのですね。

 

もともと植物性乳酸菌というのは、動物性乳酸菌よりも生命力が強いものが多いことがわかっていますが、その中でも特にラブレ菌は生存率が高いことで有名なんでです。。

 

植物性乳酸菌がなぜ生命力が強いのかと言う理由ですが、栄養が少なく塩分が強いというのが、過酷な環境の中で、野菜や豆類などを発酵させていくため、厳しい環境でも生き抜く力が強いということが挙げられます。

 

これはラブレ菌の特徴であり、この特徴があるからこそ、腸内であらゆる効果を発揮して健康維持に大きく役立ってくれるんですね。

 

ラブレ菌は胃酸や胆汁などで死滅することなく、生きて腸まで届く乳酸菌ですから、当然腸内環境を整えるという働きを持っています。

 

腸内の環境が改善されると、便秘の改善や予防もできますし、この効果によって血行不良を解消したり肌トラブルの改善などの効果も得ることができます。

 

ですがこれだけではなく、ラブレ菌は有機酸を作り出す働きがあるので、腸管の機能を活性化して新陳代謝を活発にし、栄養の消化吸収効果をアップさせてくれます。

 

また腸管機能が高まることで、免疫機能もアップするので、免疫力低下を改善したり、老化の予防や自己免疫疾患などの予防効果も期待できます。

 

さらに、ラブレ菌は腸内の免疫器官に働きかけて、インターフェロンという成分を作り出すサポートをします。

 

この成分は、ナチュラルキラー細胞といってウィルスやガンから体を守る細胞を活性化する働きがあるので、がん細胞や有害なウイルスなどを排除するとも言われています。

 

つまり、単に腸内に生きて届くだけではなく、免疫の能力を格段にアップさせる働きが期待できるので、あらゆる病気の予防効果のために働いてくれる乳酸菌と言えるのですね。

 

 

 

 

関連ページ

ビフィズス菌の性質や働きについて
ビフィズス菌は善玉菌の代表です。同じ善玉菌の乳酸菌との違いや、ビフィズス菌の働きについて分かりやすくお伝えしてます。
フェカリス菌は死滅した状態で摂取しても効果がある
フェカリス菌は乳酸菌の一種ですが、加熱殺菌して死滅した状態で摂取しても効果が得られるほかの乳酸菌と違う特徴をもっています。
アレルギー症状緩和に注目のL-92乳酸菌の効果
アレルギー症状緩和に注目のカルピス社が発見したL-92乳酸菌の効果をまとています。
カスピ海ヨーグルトを作り出すクレモリス菌FC株の効果
カスピ海ヨーグルトを作り出しているクレモリス菌FC株はカラダにどんな効果があるのでしょうか?
生きたまま腸まで届くラクリス菌