乳酸菌の種類

MENU

善玉菌の働き

 

腸内にはいろいろな種類の菌が存在していて、その種類は500種類以上、数は100兆個以上と言われていますが、大きく分けると体に良い働きをする善玉菌と過剰に増加すると反対の働きをする悪玉菌、そして優勢になった方の菌と同じ働きをする日和見菌の3つに分かれます。

 

この3種類の菌のバランスは人によって違いますが、このバランスが健康でいるためにはとても大切なんですね。医療の専門家が体に良く理想的なバランスだと言っているのが

  • 善玉菌:2
  • 悪玉菌:1
  • 日和見菌:7 

このバランスが腸内環境が良い割合だと考えられています。

 

善玉菌の働きは、外部から侵入してくるウイルスや有害な菌を攻撃したり、免疫力をアップさせてくれます。また、腸内がアルカリ性に傾くと悪玉菌が住みやすい環境になってしまい増加してしまうので、善玉菌は酸性の状態を保つ役割をしながら悪玉菌の増殖を抑えています。

 

カラダに良い働きをする善玉菌が優勢だと、腸の蠕動運動が活発になるので排便を促進して便秘を防いだり改善する効果が期待できます。また、下痢症という人もいるかとおもいますが、下痢は悪玉菌が優勢になっていて便の形成を阻害したり、便の排出を妨げるために起こるとも言われています。これも善玉菌が優勢になれば、しっかりとした便を作って排出をスムーズにするので、下痢を解消する整腸作用もあります。

 

腸内細菌が善玉菌が優勢だと消化が正常に行われることで、腸では栄養と不要なものをきちんと仕分けして、栄養分を十分に取り込むことができ、カラダの不要物も排出されるので、発ガン物質を分解したり老廃物も溜まったりしなくなるので、結果的に成人病予防にもつながります。

 

他にも、ビタミンを合成するなど、とにかく健康に必要なあらゆる働きをしてくれるのが善玉菌です。ですが、善玉菌は生活習慣の乱れや加齢とともに減少しやすくなってしまうため、何もしないと悪玉菌が優勢になりやすいので、健康を保つためには増やす努力をしていく必要があるのです。

 

それには、善玉菌の一つであるビフィズス菌や乳酸菌を日ごろから毎日摂取することが大切なんですね。

 

乳酸菌は植物性と動物性があります!

 

乳酸菌は、善玉菌の中ではビフィズス菌と並んでもっともメジャーな菌で腸内細菌の割合から言っても、そのほとんどを占めています。そのため、善玉菌は知らなくても乳酸菌なら知っているという人も多いかと思います。

 

乳酸菌といえば、ヨーグルト、チーズ、バターなど、牛の乳を乳酸菌で発酵したものがよく知られていますが、乳酸菌は自然界のいろんなところで存在しています。ちなみに、名前の乳酸菌の「乳」は牛乳の乳からきているかと思っている人も多いかと思いますが、実はそうではありません。

 

乳酸菌は牛の乳糖やブドウ糖を発酵させ多量の乳酸を作りだしています。つまり糖を食べて大量の乳酸を作るから乳酸菌と名前が付けられており、その乳酸菌の種類はなんと250種以上にもなるそうです。

 

乳酸というと疲労物質と言うイメージが強いので、体に良くないものと思う方もいるかもしれません。ですが、近年の研究では乳酸は疲労を引き起こす老廃物ではなく、糖に変化して運動のためのエネルギー源となることが分かっています。

 

さらに代謝を高めたり、体内の成長ホルモンの分泌を促進するということもわかってきているので乳酸は健康や美容維持に、そしてダイエット目的にも注目されている成分なのです。

 

また、乳酸菌は乳酸を生成する働きだけではなく、腸内では善玉菌を増やす働きもすることがわかっており、ビフィズス菌と並ぶカラダに良い働きをする善玉菌の代表で腸内環境の改善と正常化に役立ってくれます。

 

このように健康に良い乳酸を作り出す働きを持つ乳酸菌には、植物性と動物性の2種類があり、生きたまま腸まで届く菌と、胃酸や胆汁に負けてしまい腸まで届かない乳酸菌が存在します。

 

植物性の乳酸菌の特徴

植物に由来する植物性の乳酸菌は、比較的熱や胃酸に強く、種類によってはまったく死滅することなく腸までしっかり届いて善玉菌としてそのまま働いたり、腸に既にいる菌たちを刺激し活性化させ善玉菌を増やします。

 

どんな食品に多く含まれているのか

日本の伝統食品である漬け物、ぬか漬けや沢庵をはじめ、全国で漬物はその地方で作られていますよね。また韓国の代表の漬物キムチも植物性の乳酸菌が豊富に含まれています。毎日の食事のときに色んな種類の漬物を食べましょう。その他に、日本酒、味噌、醤油、などにも植物性の乳酸菌が含まれています。

 

動物性の乳酸菌の特徴

動物性の乳酸菌は、熱や胃酸に弱いため、腸まで届く途中でほとんどが死滅してしまいます。ですが、死滅して乳酸菌も死滅した状態で腸に届くと食物繊維と同じように善玉菌のエサになり、退治した悪玉菌と一緒に体の外へと排出し腸内をきれいにして、善玉菌を増やすのに活躍します。

 

どんな食品に多く含まれているのか

動物性の乳酸菌は、ヨーグルト、チーズ、バターなど、牛の乳を乳酸菌で発酵したものがよく知られています。

 

 

 

 

善玉菌である乳酸菌の種類と働き記事一覧

 

「ビフィズス菌」よく耳にしますよね。人間の腸内にもっとも多く存在している善玉菌がビフィズス菌です。その数は1兆個から10兆個とも言われているんですよ。同じ善玉菌の代表といえば乳酸菌も有名ですが、この乳酸菌よりもかなりの割合で存在しています。数で見ると、ビフィズス菌の10000分から100分の1にしか過ぎないと言われているのでビフィズス菌が、私たちの腸でいかにたくさんの割合を占めているかが分かります...

 
 

フェカリス菌は、糖を分解して乳酸を作り出す乳酸菌の一種です。フェカリス菌は丸い球の形を持った球菌で、ビフィズス菌と比べるとその大きさは約5分の1程度しかない超微粒子になります。そのため腸の奥まで届きやすいのが特徴です。また、もう一つのフェカリス菌の大きな特徴は、生きて腸まで届く必要がないということです。言っている意味がわからないと思われるかも知れませんが、解説するとヨーグルトのコマーシャルなどで「...

 
 

L-92乳酸菌は、カルピス社が独自に発見した乳酸菌で、正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」と言います。「人には人の乳酸菌」ってどこかのCMで聞いたことがありますが、L-92乳酸菌はヒト由来の乳酸菌なので牛乳やヨーグルトなどの一般的な乳製品からは摂取することはできません。なぜ、カルピス社がL-92乳酸菌を見つけたのかというと、胃酸で死滅しない乳酸菌の発見に取り組んでいたからなんだそ...

 
 

クレモリス菌FC株と聞いても、あまり知らない乳酸菌だと思う方が多いかと思いますが、実は私たちとは大変馴染みのある乳酸菌なんですよ。一時期、かなり話題になったカスピ海ヨーグルトは食べていた人も多いのではないでしょうか?このヨーグルトを作り出しているのがクレモリス菌FC株という乳酸菌です。クレモリス菌FC株を発酵させることで、独特な粘り気と酸味の少ない食べやすいカスピ海ヨーグルトが誕生するのです。この...

 
 

ラブレ菌は日本の京都から発見された乳酸菌です。京都と言えばお漬物が有名ですよね。京都三大漬物、千枚漬、しば漬と並び知られている「すぐき漬け」という江戸時代から食べられているお漬物から派遣された植物性乳酸菌の一種になります。すぐき漬けから何故発見されたのかと言うと、当時の新聞で京都の男性が全国2位の長寿という記事を見て、京都の男性の長寿の秘訣を発見しようと、京都パストゥール研究所の岸田網太郎博士が漬...