乳酸菌が入っている漬物

MENU

漬物には腸まで届く植物性乳酸菌が豊富!

 

我が国日本を代表する伝統の食べ物『漬物』。この漬物は腸内環境を整える乳酸菌と食物繊維が豊富に含まれています。この漬物を作るのに活躍しているのが植物性乳酸菌です。

 

ところで乳酸菌には、この植物性乳酸菌のほかに動物性乳酸菌がありますが、この違いはわかりますか?

  • 動物性乳酸菌・・・・牛の乳に存在する乳酸菌で栄養が豊富
  • 植物性乳酸菌・・・・野菜などに存在する乳酸菌。水分も栄養も少なく温度も低いと言う過酷な環境で育っているので、酸や塩分の中でも生きられる強い菌なんです。だから胃酸にも負けないで腸まで届いて良い働きをしてくれる頼もしい乳酸菌です。

ですが、漬物ならどれにも植物性乳酸菌が豊富に入っているわけではありません。発酵していない漬物には入っていません。スーパーなどで売っている浅漬けなどは発酵していない物も多いので注意が必要です。

 

しっかり発酵している漬物と言えば、ぬか漬けや韓国のキムチ。この2つには植物性乳酸菌が入っています。

 

ぬか漬けには乳酸菌と酪酸菌が含まれている!

特にぬか漬けは優秀です!乳酸菌とその乳酸菌を助けてパワーアップさせる酪酸菌が含まれています。酪酸菌が作る酪酸は免疫細胞(T細胞)を増やして大腸の炎症を抑制する働きが期待できます。

 

さらに、酪酸菌は熱や酸に強い菌なので、調理する際に加熱しても生きたまま腸までしっかり届くので、腸で善玉菌を増やします。

 

また、米を発酵させて作るぬか床に野菜を漬ける事で、野菜のビタミンがヌカ床に漬けることで倍増するのがメリットもあるんですよ。
例えば、

  • ビタミンB1だと、大根は発酵前の15倍、キュウリは13倍、カブは15倍、
  • ビタミンB6も、大根5,5倍、キュウリ4倍、カブ(皮なし)6倍。

 

美味しいぬか漬け【しょう油ぬかずけ】ぬかどこの作り方!

【材料】

  • 米ぬか 1 K
  • 米こうじ 20g
  • しょう油 600ml
  • 水 300ml
  • 昆布、唐辛子、花椒(ホワジャオ) 適量

自分の好きな野菜を入れてぬか漬けを作りましょう。
意外な野菜でおススメはオクラです。美味しいですよ。
ぬか漬けは塩分が高いので食べ過ぎに注意しましょう。摂取量の目安は、1日小皿一皿が目安です。

 

豆知識

漬物は眠れない人におすすめ。眠れるために夕食に食べたら良い食品なんですよ。
漬物にはアミノ酸の一種のギャバが豊富に含まれています。ギャバには脳の興奮状態を抑える働きや体温を下げる働きがあると言われており睡眠を誘導すると言われています。
しかし、その効果は長続きしないので、こまめに3食で摂取するのが良いですが、特に睡眠前の夕食のとき食べると良いそうです。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

万能調味料の塩麹の作り方!
塩麹の栄養素と効果、さらに自宅でつくれる失敗の無い塩麹の作り方を紹介。
女性におススメの発酵食品「納豆」の効果
大豆を納豆菌で発酵させた発酵食品納豆は、体に良い働きを沢山してくれますが、実は美肌に良い働きをする栄養素が豊富に入っています。納豆の効果をまとめています。
毎日の味噌汁1杯で元気!味噌の効果
発酵食品の代表である味噌の期待されている効果や効果的な味噌汁飲み方。さらに白みそと赤味噌の違いについて記載。
腸活ダイエットで人気の酵素ドリンクでファスティング!
腸内環境を整える酵素ドリンクを活用したファスティング方法を紹介。