大竹真一郎先生考案腸内フローラダイエット

MENU

大竹真一郎先生考案の腸内フローラダイエットのやり方

テレビ番組 【名医のTHE太鼓判!】という番組で、5人の医師が体型に悩んでいる5人のタレントにそれぞれダイエット方法を考案し、どれだけ効果があるのか実践する企画を放送。

 

その中の一つのダイエット方法に、消化器の専門医である大竹真一郎先生が便秘症でポッコリお腹で悩んでいる麻木久仁子さんのために腸内フローラダイエットを考案しました。

 

結果ですが、2週間で体重は48.2kg⇒47.6kg。−0.6キロ減量でしたが、ビックリしたのはウエストのサイズです。72cm⇒68.3cmと、たった2週間で−3.7cm!腸内フローラダイエット恐るべしです。

 

麻木久仁子さんが実践した腸内フローラダイエットの方法を紹介したいと思います。

 

腸内フローラダイエットのメリット

今話題になっている腸内フローラですが、大竹先生の解説によると、腸内環境が悪くなると栄養の吸収が悪くなり、たくさん食べないとエネルギーにならなくなり効率がわるくなり、余ったエネルギーが脂肪として蓄積されるので、腸内環境が悪いと太りやすくなると考えられるそうです。

 

そこで、腸内環境を整え太りにくく痩せやすくするのが腸内フローラダイエットです。

 

やり方のポイントは3つ!

  1. 朝ご飯はきちんと食べる。メニューはヨーグルト
  2. お肉は腸内環境を悪化させるのでお肉はあまり食べない。お肉を食べたい時は赤身の肉を1週間に500gに抑える。
  3. 腸内環境を整える運動を取り入れる・・・椅子に座って背筋を伸ばし、左右交互にお尻で歩く。

たったこれだけです。このやり方を麻木さんは2週間間行ってウエストを−3.7cm。

 

体重はそんなに変動はありませんでしたが、大竹先生が言うには腸内環境は簡単には変わらないので最低でも2週間はかかるそうです。この先も継続して行う事が大切だと話していました。

 

お腹ポッコリが気になる方はチャレンジしてみる価値ありです。

関連ページ

大腸ガンの死亡率が低い都道府県は?
大腸ガンの死亡率が男女共に低い都道府県が愛媛県だってご存知でしたか?
長寿菌を増やす食べ物
長生きできる長寿菌があることをご存じですか?どんな働きをするのかその特徴と長寿菌を増やす食べ物を紹介。
フローラチェックのやり方
自分の腸内環境を調べられるフローラチェックのやり方や金額について記載しています。
103才のおばあちゃんの長生きの秘訣は腸内環境
TV番組「みんなの家庭の医学」で紹介した103才の女性の生活は私たちがイメージするものとは全く違い若々しくて元気。その長生きの秘訣は腸内環境にあった。
太ってしまう原因は腸内環境のなかのデブ菌!
太りやすい原因の一つに腸内環境に住んでいるデブ菌の存在が!そのデブ菌を減らしくれる食物繊維βグルカンの効果を紹介。
腸内フローラが改善できる便移植の方法
健康な人の便の腸内細菌を抽出して病気のかたの腸へ移す。そうすることで、腸内細菌のバランスが良くなり症状が改善される便移植の条件や方法についてまとめています。
ヨーグルトや発酵食品食べても便秘が解消されない!
便秘などの体調不良を改善するためにヨーグルトなどから乳酸菌を摂取しているのに体調が改善されない。その理由と効果的な摂り方!
小林弘幸ドクターおススメの効果的なヨーグルトの食べ方
松本明子さんの便秘を解消した順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生がテレビ番組で紹介していた効果的なヨーグルトの食べ方を掲載しています。
腸内洗浄や断食のやり方
腸内デトックスができる断食や腸内洗浄のやり方や期待されている効果について。
便秘解消に期待が高いオリゴ糖の効果
珪素(けいそ)が腸活に期待されている理由
腸活にいま注目されている水溶性珪素(珪素=シリカ)。今回は、その水溶性珪素が腸内環境にどのような良い働きをするのかについてご紹介します。
腸漏れ『リーキーガット』のメカニズム
腸漏れ「リーキーガット」の症状や予防する方法。