腸内環境のデブ菌

MENU

腸に住み着くデブ菌とは

 

太ってしまうのは、消費カロリーよりも摂取カロリーが多すぎる、つまり食べ過ぎている事が一番の原因なんですが、同じ量食べているのに、いやいや自分よりももっと沢山食べているのに全く太らない人っていますよね。もちろん年齢も同じくらいで、運動を特別している感じでもない。

 

なんでなんだろう・・・?って思いませんか。実は近年、太る体質と腸環環境が密接に関係していて、腸内環境の悪化が太る原因の一つだと分かってきたそうです。腸内環境が悪玉菌が多く悪いと、食べ物でカラダに良い栄養を吸収しようと思っても、栄養素が細胞に入ってくれなくて、皮下脂肪や内臓脂肪にいってしまい蓄積されてしい太ってしまうという研究データーがあるそうです。

 

これは、2006年世界的権威がある科学雑誌「nature」に、アメリカのワシントン大学のある研究が発表されたそうです。その研究とは、肥満の人と痩せている人の腸内細菌を無菌マウス2匹に移植しまし、エサや運動量など同じ条件で数週間育てました。

 

すると、肥満の人の腸内細菌を移植したマウスだけ脂肪が20%も増加したと言う結果に。その後、詳しく調べてみると肥満の人の腸内細菌には「ファーミキューテス門」と呼ばれる菌が多く、反対に痩せている人の腸内には「バクテロイデス門」と呼ばれる菌が多い事が分かりました。

 

その研究結果から、

  • ファーミキューテス門・・・デブ菌
  • バクテロイデス門・・・やせ菌

と呼んでいるそうです。

 

つまり、デブ菌を減らして、ヤセ菌を増やせば肥満は解消されると考えられているのですが、デブ菌は、必要以上に糖質や脂質を溜め込む性質をもっているのです。ところが、デブ菌を減らしてくれる食材が最近わかってきたのです。それは食物繊維です。

 

腸内細菌をよくすると言うと、多くの人は乳酸菌やビフィズス菌などの発酵食品をとる人が多いですが、その菌のエサになる食物繊維が少ないと活発に動けないのでエサとなる食物繊維を摂ることは大切なんですね。

 

食物繊維には2種類あるのをご存知ですか?

水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維がありますが、デブ菌を減らすのは水溶性食物繊維です。

 

水溶性食物繊維には、糖質や脂質の吸収を抑制する働きがあり肥満解消には効果的です。その食物繊維毎日摂ることが良いのはわかりましたが、なかなか毎日摂るのは大変。

 

そこで、簡単に手軽に摂れる食材を紹介します。もち麦です。もち麦には、豊富な食物繊維が含まれています。その中でもβグルカン(ベータグルカン)と呼ばれる水に溶ける食物繊維がもち麦にはふくまれていて、消化・吸収されることなく腸に届いて腸内の余分なコレステロールを吸着して、体の外へと排出する働きをしてくれす。通常の食物繊維よりも高いダイエット効果が期待で来るんですね。

 

関連ページ

大腸ガンの死亡率が低い都道府県は?
大腸ガンの死亡率が男女共に低い都道府県が愛媛県だってご存知でしたか?
長寿菌を増やす食べ物
長生きできる長寿菌があることをご存じですか?どんな働きをするのかその特徴と長寿菌を増やす食べ物を紹介。
フローラチェックのやり方
自分の腸内環境を調べられるフローラチェックのやり方や金額について記載しています。
103才のおばあちゃんの長生きの秘訣は腸内環境
TV番組「みんなの家庭の医学」で紹介した103才の女性の生活は私たちがイメージするものとは全く違い若々しくて元気。その長生きの秘訣は腸内環境にあった。
腸内フローラが改善できる便移植の方法
健康な人の便の腸内細菌を抽出して病気のかたの腸へ移す。そうすることで、腸内細菌のバランスが良くなり症状が改善される便移植の条件や方法についてまとめています。
ヨーグルトや発酵食品食べても便秘が解消されない!
便秘などの体調不良を改善するためにヨーグルトなどから乳酸菌を摂取しているのに体調が改善されない。その理由と効果的な摂り方!
小林弘幸ドクターおススメの効果的なヨーグルトの食べ方
松本明子さんの便秘を解消した順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生がテレビ番組で紹介していた効果的なヨーグルトの食べ方を掲載しています。
腸内洗浄や断食のやり方
腸内デトックスができる断食や腸内洗浄のやり方や期待されている効果について。
大竹真一郎先生考案腸内フローラダイエット
テレビ番組 【名医のTHE太鼓判!】にて、大竹真一郎先生が麻木久仁子さんのために考案した腸内フローラダイエットの方法を紹介します。