長寿菌

MENU

長生きできる長寿菌の特徴と増やす食べ物

 

少し前までは、長生きの秘訣は良く食べて、良く寝て、適度の運動などと言われていわれていましたが、いろんな研究がされていて、長寿菌と言う腸内細菌が存在する事が近年分かってきているそうです。

 

気になるその長寿菌はいろんな菌があるそうですが、代表は大便菌とビフィズス菌です。特にビフィズス菌に専門家は注目しているようです。

 

その理由なんですが、ビフィズス菌は誰もが生まれた時は腸内細菌の95%近くを占めているのに、年齢と共に減少してしまい60歳以上になると、なんと腸内細菌の1%以下になってしまうんだそうですよ。

 

ところが、このビフィズス菌を80歳以上の高齢になってもたくさんもっている長寿の島があるんだそうです。その島の人の生活習慣を調査してみると、どうやら長生きする人には長寿菌といわれる菌を沢山もっていると専門家は考えているそうです。

 

長寿菌とその働き

長寿菌の代表は大便菌とビフィズス菌です。その働きは?

 

・ビフィズス菌の働き
ビフィズス菌が腸にいることで腸のはたらを活発にしてくれます。

 

・大便菌
大便菌は、腸の粘膜を修復して免疫力を正常化にする働きをしてくれます。さらに大便菌にはガン細胞を抑える働きもあるんだそうです。

 

しかし、この2つの菌は腸内に病気があると減少してしまうのです。ですので、病気にならずに長生きするためには、この大便菌とビフィズス菌を絶やさないように常に増やす必要があるんですね。

 

長寿菌を増やすには

そこで、長寿菌を増やすために、先ほど紹介した長寿の島の食生活を調査。その長寿の島というのが、これまで最高齢としてギネスブックに2人も載った、鹿児島県奄美郡徳之島伊仙町です。

 

伊仙町の方々の食生活を調べてみると、すると、粒味噌、アオサ、青パパイヤの炒め物、また、みきと言う乳酸菌が豊富なヨーグルトのようなドリンクなどの発酵食品や食物繊維を毎日のように食べていることが分かりました。

 

「みき」というドリンクでですが、原材料はお米とさつまいもと砂糖を使用して発酵させて作ったもので奄美大島の伝統的な飲み物。味はヨーグルトの酸味が加わったようなあじで、防腐剤を一切使用していないため、最近では自然食品として注目されています。消化が良いのが特徴で乳児の離乳食や、高齢者まで老若男女問わず飲むことができます。

 

栄養価がとても高く、腸内環境を整えるビフィズス菌を活性化してくれる乳酸菌の量はヨーグルトと同等かそれ以上だとも言われています。また、調味料の砂糖は、さとうきびの産地と言うことでサトウキビからできる黒糖を使用しています。この黒糖にはオリゴ糖が含まれており、これもビフィズス菌の大好物で餌になっているそうです。

 

 

 

関連ページ

大腸ガンの死亡率が低い都道府県は?
大腸ガンの死亡率が男女共に低い都道府県が愛媛県だってご存知でしたか?
フローラチェックのやり方
自分の腸内環境を調べられるフローラチェックのやり方や金額について記載しています。
103才のおばあちゃんの長生きの秘訣は腸内環境
TV番組「みんなの家庭の医学」で紹介した103才の女性の生活は私たちがイメージするものとは全く違い若々しくて元気。その長生きの秘訣は腸内環境にあった。
太ってしまう原因は腸内環境のなかのデブ菌!
太りやすい原因の一つに腸内環境に住んでいるデブ菌の存在が!そのデブ菌を減らしくれる食物繊維βグルカンの効果を紹介。
腸内フローラが改善できる便移植の方法
健康な人の便の腸内細菌を抽出して病気のかたの腸へ移す。そうすることで、腸内細菌のバランスが良くなり症状が改善される便移植の条件や方法についてまとめています。
ヨーグルトや発酵食品食べても便秘が解消されない!
便秘などの体調不良を改善するためにヨーグルトなどから乳酸菌を摂取しているのに体調が改善されない。その理由と効果的な摂り方!
小林弘幸ドクターおススメの効果的なヨーグルトの食べ方
松本明子さんの便秘を解消した順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生がテレビ番組で紹介していた効果的なヨーグルトの食べ方を掲載しています。
腸内洗浄や断食のやり方
腸内デトックスができる断食や腸内洗浄のやり方や期待されている効果について。
大竹真一郎先生考案腸内フローラダイエット
テレビ番組 【名医のTHE太鼓判!】にて、大竹真一郎先生が麻木久仁子さんのために考案した腸内フローラダイエットの方法を紹介します。
便秘解消に期待が高いオリゴ糖の効果
珪素(けいそ)が腸活に期待されている理由
腸活にいま注目されている水溶性珪素(珪素=シリカ)。今回は、その水溶性珪素が腸内環境にどのような良い働きをするのかについてご紹介します。